オーラが明るく輝いていると、自分らしく、心地よくいられます。

すべての人は、オーラとよばれるスピリチュアルなエネルギーをもっていて、オーラのようすには、その人自身のようすがあらわれます。

花の精

オーラにあらわれる要素で、もっとも大切なことは「明るい輝き」です。明るく輝いている状態が、望ましい状態、整っている状態です。明るさが損なわれているとしたら、そうなる原因が何かしら存在することになります。

色が何色であるかは、その人がどのような性質や気質の持ち主かをあらわす差に過ぎず、そこに優劣はありません。

明るく輝くオーラになることは、何も難しいことではありません。

その人がもっている「らしさ」を、日々の生活の中で、よい形であらわしていき、それらの経験の中から学び「人として成長をしていくこと」が、明るさとなり、輝きとなるのです。

明るい輝きのオーラでいられるということは、自分らしくいられている、自分を望ましい状態に保っていることのあらわれです。

その状態は、自分にとっても無理がないので心地よく

周囲の人からみても好印象となりやすく、

ものごとがうまくいったり、望ましい展開に繋がったりすることが増えていくようになります。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント