言葉の、表と裏と。

守護霊からのメッセージ。

言葉の「裏側が読めない人」と、言葉の「裏側しか読めない人」がいます。

裏側が読めない人は、

表向きの言葉そのままにしか、解釈しません。

裏側しか読めない人は、

表向きの言葉を、そのまま解釈しません。

そうなってしまうと、なかなか会話がかみ合わなくなります。

なぜなら、言葉のあらわす範囲は広いものだからです。

言葉の使われ方はいろいろで、

表だけではとらえられないことも、

裏だけでは偏ることも、

どちらもあります。

言葉を、立体的に、奥行きをもってとらえていくことが大事です。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加