「内的な領域の作業テーブル」を大きくする。

たくさんのインスピレーションを得るためには、普段から、たくさんの思考を、しておくことが間接的に役立ちます。

どちらも、自分の「内的な領域」を使う作業なので、どちらか一方を鍛えることで、もう一方にも作用させることができるからです。

インスピレーションを増やしたり鍛えたりを、意図的にするのは簡単ではないですが、思考は、自分の意図で行うことができます。

思考を重ねることは、思考力という内的な領域を「使うことで鍛える」こととなり、それは、自分の「内的な領域にある作業テーブル」を大きなサイズにすることになります。

作業テーブルが大きくなれば、それだけ載せられるものの量も増えますし、扱うことも楽になりますし、あれとこれを繋げたり、切り分けて解釈したりすることもスムーズになります。

世の中のできごとについて、自分の日々の生活に関連する事柄について、幅広く関心をもち思考をしていく積み重ねは、自分の「うけとる器」を、しっかりと作り込んでいく作業にもなっているということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました