結果につながる、流れに乗っている感覚。

牡丹の花の上でジャンプする女性

たとえるなら、行動をたくさん重ねることは、器の中に水を注ぎ続けることで、器がいっぱいになれば、自然に外へとあふれていくようになり、結果がつくられたり、新たな動きに繋がったりしていくようになります。

器に水を注ぐ動きをしているときは、いつまでこのことを続けていく必要があるのかと、おわりが見えないことに苦しさもでてきますが、

あと少しであふれるという時期に入ると、なんとなく「予感」がでてきて、自分が、ある流れに「乗っている」ことを実感できることが多いです。

今、その状態にある人は、

明るい気持ちで、その流れのままに進むといいでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。

考え方、感情、行動
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました