あなたのよいところを、動きにあらわしていく。

他人のふるまいをみていて、「あのようにふるまってみたいな」「あのようなふるまいを自分もできたらいいのに」と、同じようにできないことが情けないような、残念なような、そんな気持ちになることがあります。

けれど「あのようなふるまいがいい」のは「その人に合っているから」です。まったく違う個性をもつあなたが「他人と同じあんなふう」にふるまっても、きっと思うような結果にはなりません。

あなたはあなた、その人はその人です。

あなた自身のよいところをあわらす動きをとりましょう。

牡丹の上でジャンプする少女

そういう意識でいれば、すべての言動にあなたらしいパワーが乗っていき、

多くの人があなたをみて「自分もあんなふうにできたらいい」と、

今のあなたと同じことを思うようになります。

そうなったとき、あなたの心の中から「誰かをうらやましく思い、自分が残念になる気持ち」は薄れていき、「自分らしさを誇らしく思う気持ち」がいっぱいにあふれていくようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました