考え方、感情、行動

ものごとが順調に進んでいく時期は、その流れのままに進みましょう。

ものごとが順調に進んでいく「いい流れになりつつある」ときや、「後押しの風がふく状態になりつつある」とき、なんとなく自分でもわかるものですよね。まだはっきりと成果がでていなくても、そうなる直前の雰囲気というのがありますから。 そういうときは、自分の姿勢が前向きになり、...
0
オーラ

野村克也さんのオーラ。

先日、野村克也さんが他界されたとのことで、つい最近までテレビや新聞等でご活躍のようすを見ていたような気がするので、突然のことで驚きました。 確か、過去記事のどこかにも書いた記憶があるけれど、 ノムさんのオーラは、とても明るい輝きです。 ひとことでいえば、...
3
考え方、感情、行動

自分に制限をつけて、可能性を狭くしていることに気づく。

とても高い意欲と行動力がありながら「自分はここまでしかできない」「自分はこれしかできない」と、自分で制限をつけて可能性を狭くしている人がとても多いです。 たぶん本人的にはそんなつもりはなくて、「自分にはこれがいい」「自分にはこれがふさわしい」という肯定的な認識が、時間ととも...
0
人間関係、コミュニケーション

自分とまったく違う性格の相手に惹かれることで、気づかされる学びがあります。

スピリチュアルなしくみを元に解釈するなら、この世で経験することはすべて「たましいを成長させるための学び」です。人間関係も、お互いに「そこから学ぶものがある」から関わりが生まれるしくみです。 その関係を通して学ぶことは、自分の側からの内容と、相手の側からのそれが違っている場合...
2
スピリチュアル全般

無意識に、未来で必要になる動きをとっていることがあります。

人は「肉体をもっている霊的な存在」なので、誰もが霊的な能力をもっていて、日々の中で必要に応じて力を発揮しています。霊的な力のあらわれとして、未来で起こることを「予知する」「予感する」という形があります。 たとえば、いつ頃の未来で、どのようなことが起こるかを「具体的に」わかる...
0
守護霊

守護霊が「進む道」を軌道修正してくることがあります。

守護霊とは、自分と「たましいの領域が同じ」であるので、自分ととてもよく似ている性質をもっていますが、霊的なレベルでいえば、自分よりもずっと「進化・向上している存在」なので、この人生という学びを、霊的な見地から導くことができるのです。 守護霊は、自分を見守り導いてくれる役割で...
0
リーディング日記

ひさしぶりに、メール回答のリーディングを受付しました。

今シーズンは降雪量が少なく、こんな景色の冬は経験したことがないなあと思うくらいだでしたが、2月に入ると順調に降り積もり「いつもの雪景色」になってきました。 気温のほうも、ちょっと前まで「暖冬」といわれていましたが、2月に入るとテリブルな寒さが続いていて、私はインドア生活に拍...
0
前世

前世が多い人は、自分から「心に響くもの」を探していくのがいい。

前世で経験したことはすべて、たましいのデータベースに刻まれていきます。それらの要素が関連して、今世での「性格や性質」がつくられるのです。 私たちの表面的な意識では、前世の細かい経験等を認識できないけれど、たましいレベルの深いところでは、それらの経験が反映されていき、ものごと...
0
前世

前世で経験していることは、要点をつかむまでの時間が短くてすむ。

前世で経験したことは、たましいのデータベースに刻まれているので、前世で経験があることと同じ動きを今世で行った場合には、慣れている分の底上げがあらわれます。 複数で同じようにスタートしたことも、自分だけができるようになるのが早いとか、要点を把握するまでの回数が少なくてすむとい...
0
スピリチュアル全般

洋服や髪の毛についてくる、他人のエネルギーが気になるときは。

持ち物には、それをよく使ったりふれたりする「持ち主」のオーラがついていくものです。特に、天然の素材からできているものは、オーラとなじみやすいので、帯びていく度合いも大きくなります。 自分が身につけている洋服には、自分のオーラがたくさんついているので、普段からよく身につけてい...
0
スポンサーリンク