スピリチュアル全般

霊感が強くても、自覚がない人はたくさんいます。

スピリチュアリズムに関心をもつ人にとってはおなじみの知識ですが、人は「肉体をもっている霊的な存在」なので、すべての人に「霊的な感性(霊感)」が備わっています。 霊感に気づいていない人も、スピリチュアルに関心がない人も、 すべての人に霊感があり、日常の中で力を発揮してい...
3
スピリチュアル全般

モノのオーラとは、モノがもつ「情報エネルギー」のことです。

人には、体のまわりにオーラフィールドがあります。オーラとは、それ自体の「性質をあらわす生命エネルギー」です。 動物、植物などにもオーラフィールドはあります。どちらも生命力をもっているので、そのあらわれがオーラになります。 一方、洋服や道具などの「モノ」はどうかというと...
0
直感、霊感、霊能力

霊感が強い人は、感性がとても繊細です。

霊的なエネルギーは、きわめて細かい振動のエネルギーです。霊感が強いとは、これらに感化する力が強いということで、それだけ感性が繊細です。 他の人がキャッチできない細かい振動にも感化するので、常に感性のスイッチが入った緊張状態になり、細かいことまで気にしすぎてしまうので...
0
オーラ

オーラという鏡に、他人を映しだしている状態は改善しよう。

オーラとは、自分自身が映し出されている「エネルギーの鏡」のようなもの。そのときのコンディション、どのようなことを好み、何に価値を感じるかなど、いろいろなことがオーラのようすにあらわれます。 本来は、そのように「自分のようす」が映っている鏡なのですが、ときどき「他人のようすを...
0
考え方、感情、行動

新しいことは成長できる。慣れていることは成果を出せる。

自分が一番大きな力を出せるのは「慣れていること」で、一番大きく成長できるのは「新しい経験をすること」です。この二つがバランスよく存在していたら、自分らしい力をだしながら成長できるという、とても望ましい状態です。 やり慣れていることほど、毎回の判断をしなくてすみます。...
0
守護霊

大人のご相談者さまに、少年や少女の守護霊がいても不思議ではないです。

すべての人に「守護霊」と呼ばれる存在がついていて、この人生の学びを霊的に見守り導いています。守護霊は複数の方がいることが多く、その中には「少年」「少女」といってもいいくらいのとても若い見た目の方が、含まれていることがあります。 私たち人間の感覚からは「導く役割なのに年齢が若...
5
考え方、感情、行動

行動することのエネルギーで、気持ちは整理されていく

ときどきこういうご相談をいただきます。「気持ちを整理する方法を教えてほしい。なぜなら自分の気持ちが整理できないために行動に移せない。行動するためにこの気持ちをなんとかしたい」と。 結論からいうと、「気持ちを先に」整理する方法はないので、「行動から先に」してみることです。行動...
0
考え方、感情、行動

慎重になりすぎず、今できることを楽しんでやっていこう。

今の時代は、スーパーにいけば一年中あらゆる野菜や果物が並んでいます。それだけ栽培技術や保存技術が上がっているということですね。 それでも「旬の時期」に収穫されている野菜のパワーは格別で、 躍動感のあるオーラがいきいきと放たれています。 いつでも手に入るけ...
0
人間関係、コミュニケーション

成功している人たちと関わることの、エネルギー的な作用。

これから起業するとか、副業を開始するとか、趣味の活動を本格的にやりたいとか。新しいことを成功させたいときには「既にその人自身の活動がうまくいっている人たち」と関わりをもって参考にするのはとてもいい方法です。 それらについて相談したい場合も、既にうまくいっている人に話を聞いて...
0
オーラ

オーラが明るくなることのメリットとは。

オーラの明るさというのは、変わりやすい(変えやすい)要素です。ほんの数時間の間で、オーラが明るくなることもあります。そのくらい簡単に変わります。 オーラの明るさには、自分の「状態」が反映します。 そのときの体調、思考、感情、気分などで変化していくので、やりたい...
0
スポンサーリンク