大きなオーラの人が、より大きな影響力をあらわすためには。

大きなオーラをしている人は、行動に伴う影響力が大きくあらわれます。

オーラは、エネルギーそのものであると同時に、エネルギーを放つための発信器でもあるためです。

影響力とは、働きかけを通して作用をあたえる力のことなので、この力をいかすためには「何らかの働きかけをすること」が必要となります。

牡丹の中に立つ若い女性

働きかけの作用を、大きくあらわすことができる。

大きなオーラをしている人が、たとえば、他人とまったく同じ行動をした場合でも、結果が大きくなったり、他者への印象が深くなったりします。

すべてのものごとには「固有の振動というエネルギー」があり、思い、発言、行動にもエネルギーは存在します。

それぞれの行いによる作用に、自分の力で「勢い」を与えたり「広がり」をつくったりすることができるので、結果が大きくあらわれるのですね。

内容が合っているほど、より大きな作用になる。

こうした作用は、基本的にはどのようなことにでもあらわれますが、

自分の性質に合っている分野のことであれば、よりいっそう大きな作用をあらわすことができます。備えてえいるエネルギーの量、エネルギーの性質、働きかけをする行いの種類、これらのベクトルが揃っていけば、あらわれる力は強くなるからです。

たとえば、私であれば、まったく経験も適性もない「漁業」に関連する動きをとるより、既に経験があり性質もあっている「スピリチュアル」に関連する動きをとるほうが、影響力を大きくあらわしやすい、というような差がでます。

自分について分析しておくと、何をする場合でも「力をいかしやすい」ものなので、好きか嫌いかとは別の、「合っている」「得意である」という分野を把握しておくと役立ちますね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント