本のページをめくるように、読みとる作業をしています。

私が行うリーディングは、オーラを透視することや、エネルギー(波長)を読みとることで把握をするスタイルです。

このときの感覚は、内的な領域で「本を読むような感覚で」伝達や把握がなされることが多く、その把握をスムーズにするために「実際に本のページをめくる動作をしながら」リーディング作業をすることもあります。

幻想的な風景で本を読む女性

文字を読む目的はなく、ただ「ページをめくる動作をする」だけなので、分野は何でもよく、ただし「私の手にしっくりくる材質の紙」であることが必要です。こういう規準で本を買おうとすると、なかなか探すのが難しいです笑。

使いやすいのは、高校生のときに使っていた英語の辞書とか、昔の電話帳とかの薄い紙で、めくる手についてくるようなものがよいのです。

リーディングのときは、スカイプの向こう側で、こうした謎な動き?を(-_-)していたりするのです。毎回、使うわけではないのですが。ときどき、そうした動作をしながらやりたくなることがあります。

今ふと思いつきましたが、水晶玉をつかって透視をする?人とかも、あるいは、水晶をスクリーンにしている・・・ようでも、実際には、私のように、その「動作」をすることが、透視をする際のルーティン(決まった所作)になっていてやりやすいというケースもありそうな気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました