緊張しているときのオーラは、寒色系の青い色。

このブログで取り上げている「オーラの色」についての説明は、大部分が、その人の本質的な性質、移り変わりの少ない部分のオーラについてです。

しかし、オーラというのは、とても複雑なものですから、オーラの色というのは、本質だけを表すのではありません。それ以外にも、あらゆる要素が現れていきます。

たとえば、怒っているとか、楽しんでいるとかの、一時的な「感情」が現れるオーラにも、それぞれ色があります。

こちらは、都度、移り変わっていく「状態」ですので、一定ではありません。

なぜなら、ずっと怒っているとか、ずっと悲しんでいるとか、同じ感情が固定されている人はいないからです。

「緊張しやすいタイプの人」というのは、性格の一種だと思いますが、実際に緊張しているか否か、というのは、そのときの「状態」の表れです。

緊張しているときのオーラは、色としては、青っぽい色のオーラになります。

形も不安定で、自信なさげに、サイズも小さくなって固くなっているかのように見えます。本質的要素を表すオーラに、被っていくように、青っぽい色合いが重なっているようすになります。

この場合の青い色は、「あなたの性格を表すオーラは青」という場合とは別です。そちらは、本質的なオーラの色なので。

緊張という状態は、そのきだけのものですから、一時的なあらわれとして、緊張の状態が青色のエネルギーとして、感情をあらわす部分に反映してくるということです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント