流れにのっているときは、周囲のものごとが先行して動く。

ものごとがスムーズに展開していく、いい流れに乗っているときは、周囲のできごとが「自分がやろうとしていたことを、少し先取りするように」動いていくものです。

たとえば、連絡をしなければと思っていた相手先から、こちらに連絡がくるとか、言い出すタイミングをはかっていた事柄を、口にしやすい状況が整っていくなど、まるで、周囲の動きが自分を動かしてくれるようなことが、いくつも重なります。

幻想的な山のようすと若い女性

スピリチュアルな感性が高い人は、どうしても、意識が先に先にと進んでいってしまうため、日頃から、自分が想定するようなスピードで進むことができず、イライラ&もやもやしがちです。

やろうとしていることに、周囲の動きが追いつかないとか、環境が整っていかないとか、アイデアがひらめくスピードと、現実の行動の展開に開きがでてしまうことが多いでしょう。

そんな中で、こうした「流れにのっている時期」は、自分に周囲が追いつく・・・どころか、周囲が自分を進ませてくれるように、他力が集まってきたり、見えない力が働いていることを実感できることが続きます。

この展開になったときに、いつも(自分だけが早すぎて、ともすれば孤独にある)の状態とあまりに違うことから、素直に受け入れられずにとまどったり、構える気持ちがでてきたりもするのですが笑、

人生の中で、ときどきは、そういう時期もあるということです。

自分が頑張ってきたことの蓄積が、しきい値をこえたときに、新たな動きが思わぬ形で加わることがあるので、そこは素直に受けとめて、流れにのって進んでいくといいと思います。

コメント