守護霊と自分とは、たましいの領域で繋がっています。

すべての人に、守護霊とよばれる導き役のスピリットがついています。守護霊と自分は「グループソウル」とよばれる「たましいの大元」が同じという繋がりをもっています。

女性の後ろ姿

この世の人間関係は、たとえ血縁の家族であっても「たましいは別」になります。たましいは別であるとは、グループソウルが別であるということです。

この世の人間関係では、切ってもきれない血縁の家族すらも、たましいの領域は、それぞれであり、生まれてくる学びの目的も、備えている個性にも違いがみられます。

守護霊と自分は、グループソウルが同じという繋がりがありますから、自分がこの世にやってくる学びの目的などもすべて共有しています。

この世にいる自分は、表面的な記憶としてはそれらを覚えていませんが、たましいの深いところではすべて理解をしていて、この世で人生を過ごす自分と、霊界から見守り導く守護霊との関係が、成立していることになります。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント