明るいオーラになっていると、よい循環がつくられる。

オーラが明るく輝いているときは、自分でもなんとなく、そうなっていることがわかるもので、明るい気持ちで自信をもってふるまうことができます。

そして、他人からみた印象も、とても肯定的で、その人らしく、自然体で過ごしているように映るものです。

雲の中にいる少女と蝶。

自信をもっているから、自分らしさを、よい形であらわすことができ、そうした行動が周囲の他人に受け入れられやすくなったり、好印象になったりして、それがまた自信になって・・・と、望ましい循環がつくられます。

人との関わりとは、オーラ同士の交流でもあるので、

自分がよい状態でいられると、周囲の人たちと一緒に(お互いに無意識ですが笑)、よい循環をつくりあげていくことになるのですね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント