自分の前世と守護霊が、同じ人物になることがある。

前回の記事のとおりで、前世と今世は、グループソウルという「全体」でつながっている関係になります。

前世がおわったところで、グループソウルという全体へと戻り、そこからまた一部分がわかれて、今世の自分がこの世へと生まれています。

ときどき「前世と守護霊が、同じ人物というケースはあるのか」というご質問をいただくことがあります。前回の記事の内容と関連するので、ここで説明をしてみたいと思います。

ランプを掲げて進む少女

答えとしては、前世と守護霊が同じ人物というケースはありえます。

もしも、前世と守護霊が同じ人物だとつじつまがあわない、と感じるとしたら、それは「前世」が(グループソウルに戻ることなく)ダイレクトに「今世の自分」になっていると考えているからです。

たとえば、前世が武士という、今世の自分がいるとします。

今世の自分のたましいは、前世の武士からひきついでいるはずなのに、守護霊に武士がいるなら、じゃあ今の自分のたましいは誰なの?と矛盾した感覚になってしまうのでしょう。

ですが実際には、前世の武士が人生をおえたところで、いったんグループソウルへと戻り、そこから一部分がわかれて、今世の自分として生まれてきています。

前世 → グループソウル → 今世となっていて、

いきなり 前世 → 今世 とはなっていないので、

今世の自分を構成する「たましいの成分」は、丸ごと武士の前世ではないですから、前世と守護霊が同じ人物でも、矛盾はしないということになります。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

前世守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント