前世の経験を、眠っている間の「夢」として見ることがある。

眠っている間にみる夢には、実にさまざまな反映のされ方があります。

とても幻想的だったり、歴史のヒーローのようなストーリーがあったり、そうかと思えば、その日の経験がそのまま反映しているという、わかりやすーい内容だったり笑、いろいろありますよね。

眠っている間の意識は、スピリチュアルな波長になりやすく、

ごくまれにですが「前世のようすを夢でみる」こともあるようです。

眠ることは、スピリチュアルな行為でもあり、人が眠っているときの意識は、この世の波長から離れ、霊的な領域の波長に近くなります。

そうして、一日の生活でつかわれた霊的なエネルギーを、眠っている間に「チャージ」しているというしくみになっています。

その際の、霊的な領域とは、自分のたましいの大元である「グループソウル」のことで、

そこは、守護霊がいる場所でもありますし、前世での経験値が蓄積される場所でもあります。

前世と、今世の繋がり。
人はたましいの存在であり、何度も生まれ変わって、たましいを磨くための「経験という学び」を重ねています。 何度も生まれ変わることで重ねられた経験値は、グループソウルとよばれるたましいの大元に蓄積されて、次の生まれ変わりをする際の、学びの内容に関連していきます。 過去のた...

眠っているときは、グループソウルのエネルギーに波長があうこととなるため、

「霊的なエネルギーが、チャージされる」のと同時に、

「ときには、守護霊からの叡智を授かる」こともありますし、

「ごくまれに、前世のようすを、夢として見る」ことも起こります。

今の人生と、国も環境もまったく違っているのに、不思議と「それが自分であるような」感覚とともに見る夢は、

もしかすると、前世の経験の記憶にふれているのかもしれませんね。

コメント