モノのエネルギーで、自分にプラス効果を与える。

ひかりの中にいる少女

たとえば、自分にとても似合う洋服をきたり、自分の印象とマッチする香りを身につけたりすることは、ある意味「自分のオーラを外から増やす」ことになります。

自分とモノと、お互いのエネルギーの領域が「近い」ものが、「似合う」「合っている」という印象になります。そういうものを身につけたり、周囲に集めたりすることは、

自分のオーラを、外付けパーツで増強していることになります。

新しい行動をしたいときや、より自分らしさをあらわした生き方をしたいときに、まずは、自分に似合うモノを考えたり集めたりしていくことは、かなり役立ちます。気の持ちようという意味ではなく、エネルギーレベルで効果があります。

モノにも、固有のエネルギーがあります。自分とエネルギーの領域が「近い」「合う」ものを探していくことは、自分にプラスを与えることになるので、楽しみながら、いろいろ探してみるといいですね。

どれが合うかは、自分的に「しっくりくる」という主観的な感覚と、他人から「あなたに似合うね」といわれるという客観的な意見との両方で、判断をしていくことができます。コツをつかむと「そのモノを身につけているときは調子がいい」という結果からも、わかってくるようになります。

コメント