オーラの明るさを「根付かせる」には、行動を習慣化することが一番です。

オーラのようすが、どのくらい明るく輝いているかは、その時点での「状態」のあらわれなので、わりと簡単に変わっていくものです。

迷っていたことが解消されて心が軽くなったり、これから目指してきたい目標が決まってやる気になったり、具体的な事実が変化していなくても、気持ちが変わるだけでオーラが明るくなることもあります。

桜の下にいる若い女性

一例をあげると、リーディングセッションの60分で、オーラのようすがまったく変わることもあります。開始直後は、緊張もあって縮こまっているオーラのようすだったものが、60分後にはすっかり明るくのびのびとしたオーラに変わっていったり。

会話をすることで考えがまとまったり、これからやりたことが見つかっていったり、本来の自分らしさがでてきて、オーラが明るくなる変化は普通によくあります。

ただし、このときの明るさは、一時的な気分の高揚もあるので、時間とともにまた気分が変わっていけば、元の状態に戻ってしまうこともありえます。

せっかくの明るさは、そのまま保っていきたいですよね。

明るく輝くオーラを、自分に根付かせていくために必要なことは「行動すること」です。

行動をすることで生じるエネルギーは大きいので、それだけ明るい状態は維持しやすくなります。行動を継続し、習慣化していけたら、もっと効果があります。

気分の高揚でオーラは明るくなるけれど、その状態をたびたび発生させる=気分を上げ続けるって難しいですよね。そう考えると、やはり効果的なとりくみは「行動すること」なのです。行動を継続していくほうが、手段がいろいろありますからね。

コメント