たまに非日常を経験することは、自分に刺激をあたえる。

たとえば、旅行にいくとか、季節のイベントに出掛けるなどの、非日常的な行動をとることは、「いつもと違う振動のエネルギーを、自分に与える」こととなります。

ときどき、そうした刺激となる機会をもつことは、自分のエネルギーを、普段の領域よりも大きく動かすこととなるので、よい作用がつくられます。

けれど、頻繁にそうした機会ばかりを追いかけることとなれば(・・・そうなると、既に非日常ではなく、日常になっているわけですが笑)、

自分のエネルギーが、大きく動かされる疲弊感のほうが、メリットよりも大きくなることも考えられます。

非日常は、ときどきだからいいのですよね。

毎日、あちらこちらと旅行をしているのも、毎日、フルコースを食べるのも、

きっと思ったほどの楽しさや刺激はなかったりして、

地元がいいよなあと思ったり、おにぎりがいいなあと思ったり、

そういうものではないでしょうか。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加