女性は、オーラの質感が細かい人が多いです。

男性と女性のオーラをくらべると、もっとも大きな違いは「質感の細やかさ」です。質感とは、布にたとえたときのような「オーラというエネルギーがおりなす風合い」のことで、

一般的には、女性のほうが「細かい質感のオーラ」をもっている人が多いです。

少女の後ろ姿イラスト

質感が粗い網目になっているほど、大雑把で単純、細かいことは「気にしない人」になります。質感が細かい網目になっているほど、よく気がついて複雑、敏感で「気にしてしまう人」になります。

そうなる理由は、オーラはエネルギーをキャッチする「受信機」になるからです。細かい質感であるほど受けとめる量が増えて、あれもこれも意識にとまり、まだ結果がでていないことまで考えすぎて心配になるという「反応」が起こりやすくなります。

女性のほうが細かい質感のオーラをしているということは、敏感な受信装置をもっていて、共感力が強かったり、ものごとの細部まで意識が行き届いたりするということです。

女性特有の勘があるとはよくいわれますし、不安になりやすいのも女性に多いとされますが、そうした性質上の特徴は、オーラの特徴としてもあらわれているようです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント