守護霊から、進む道の「軌道修正」が掛かることがあります。

すべての人に、この人生を霊的に見守り導いてくれる「守護霊」という存在がいます。守護霊の役割とは、本人が自主性を発揮して人生の経験から学んでいくことなので、あれこれと指示をしたり、干渉してきたりすることはありません。守護霊が関与してくるのは「必要があるとき」に限られます。

基本的には、本人の自主性が尊重されますけれど、ごくまれに「人生の進む方向について、守護霊から軌道修正が掛かる」場合があります。たとえば、自分がもつ性質からあまりに外れた方向へと突っ走ろうとしているときなどです。

花と少女

そういう場合の軌道修正とは、物理的なできごととしては「協力してくれるはずだった人の都合が変わる」とか、「やろうとしていた行動ができない状況に置かれる」などして、進めていた動きにストップが掛かります。

自分の内的なこととしては、そのことに取り組もうとしても、まるで頭に速度制限が掛かるかのように「思考のスピードが遅く」なったり、「知識とアイデアの結びつけがうまくできなく」なったり、思考が停滞する状況がつくられます。

そういうことが短期間にいくつも重なり、進む道が調整されて「自分が進むべき道の真ん中」へと戻されることがあるものなのです。

そうなれば、やはり「あっている道のほうがスムーズ」で、比較から「やろうとしていたことは、ちょっと自分の本来の道とずれていたかもしれない」とそこで気づくことが多いですね。

コメント