長く続く、いい人間関係をつくっていくには。

先日の記事でとりあげたとおり「人間関係をうまくいかせたい」ときは、「嫌われないように」するより、「好かれる自分でいられるように」するほうが、お互いを尊重したいい関係がつくられやすいです。

4人の少女

嫌われないようにという「マイナスをつくらないようにする」やり方は、仮にそれでまあまうまくいったとしても、刺激を与えあう関係にはなれなかったり、無難な人という扱いをされるのが苦痛になったりと、「その方向でうまくいってしまうと、むしろ後から苦しくなる」ことがあります。

一時的な、その場だけの関わりを無難にやり過ごしたいときには、「マイナスをつくらないように」「嫌われないように」するのでもいいでしょうが、

以降も続いていく関係なら、ずっと同じ「立ち位置」や「キャラ設定」を期待される関係性でいいのかという点を考える必要があると思います。一度貼られたレッテルをはがすのは、結構大変ですから。

そう考えるとやはり、人間関係を作っていく際には、自分らしさをあらわしながらお互いの間に「尊敬や信頼というプラスを積み上げる」姿勢でいるのが、長期にわたっていい関係をつくることにつながりるので望ましいと思います。

0

コメント