霊感が強い人とは、何がどう強いのかを説明してみました。

スピリチュアリズムでは、人は「肉体をもっている霊的な存在である」というとらえ方をします。人は「霊である」ので、すべての人に「霊感」が備わっています。

霊感がどのくらいの強さで備わっているか、また、どのような方面に発揮されやすいかには個人差があり、霊感がとても強い人もいますし、それほどでもない人もいます。いずれにしてもまったくのゼロの人はいません。

けれど「そうはいっても、これまでに霊をみたことはないし、霊的な現象に遭遇したこともないので、霊感はほぼゼロな気がする」と思い込んでいる人は結構います。

霊感の解釈はもっと幅広いのえ、霊を見ることだけには限定されません。「霊はまったく見えなくても、霊感がとても強い人」はいくらでもいます。

霊感の強さとは「霊的なエネルギーに反応できる幅広さ」と「同調する度合の強さ」のことです。

ざっくりとまとめると、この2つと考えていいでしょう。

誰もが日常の中で、霊的なエネルギーに同調したり反応したりしながら思考と行動を重ねているもので、それは自分の「波長の幅」内で展開します。

霊感が強い人は、備えている波長の幅が広いため、他の人が同調しない領域のエネルギーに同調したり反応したりもするので、他の人が気づかないことに気づいたり、見えないものが見えたりというあらわれが起こるのです。

また、霊感が強い人は、霊的なエネルギーに同調しやすい「質」が備わっています。その人がもつエネルギーとは、ほぼオーラと同義語になりますが、オーラの質が、この世的な領域の質よりも、霊的な領域の質に同調しやすいものをもっているほど、なじみやすいので感化しやすくなるということです。

コメント