持ち物についているオーラのせいで、不要品を判断できないことがある。

たとえば洋服や書籍など、一度手に入れたものの「必要なもの」と「不要なもの」をわけようとしても、作業が進まず片付かないままになることがありますよね。

これはエネルギーレベルで、そうなってしまう理由があります。

エレガントなヘアスタイルの女性

持ち物には、持ち主のオーラが付着します

頻繁につかうものや、手でふれるものにはオーラがつきやすいため、なんとなく「モノが自分の一部分のような」感覚になります。

もう使うことがない道具や、読み終わった書籍などでも、

それらについた自分のオーラを感じると「親近感がわいてしまう」ので、不要という判断をつけにくくなります。

それで「まだ使えるのでは?」と迷ったり、「誰かに譲ろう」などという迷惑なアイデアが出てきてしまったりで、処分をする決断がなかなかできなくなります。

不要なのか必要なのか判断に迷うときは、すぐに処分しようとせずに「しばらく置いておく」といいです。時間とともに付着したオーラは薄れていくので、冷静になることができるでしょう。

布モノなら「水洗いをする」のもいいですね。水でオーラが除かれる度合が大きくなるので、洗濯をしてから捨てるのは不思議と気持ちを切り替えやすいです。

コメント