適切な方法で、結果を出すという頑張り方を。

何ごとも頑張れば報われるのか、といえば「自分の性質や状況にみあった目標をもち、達成するための適切な方法で頑張れば、何かしらの結果はでる」と思います。

頑張っても報われないとすれば、目標設定があっていなかったり、頑張り方の方向性が違ったり、きちんと「掛けるべき方向に力が掛かっていない」ことが多いです。

妖精が、鳥かごのカギをあける

今の時代はたくさんの情報があふれていて、新しい知識も手段もいくらでも得ることができますよね。ひとつの方法だけにとらわれずに、いろいろな方法を調べたり試したりしてみてもいいでしょう。

また目標の持ち方も、自分だけで考えると極端になっていることが多いので、他人のようすを参考にするとか、信頼のおける友人や知人の意見を聞くとか、多角的にとらえてみるといいと思います。

結果につながる頑張り方になるように、

自分の思考の仕方と、行動の仕方を、見つめなおしてみてください。

0

コメント