自分を認めていられると、自分にとっていい選択や判断ができます。

何度もお伝えしている話題ですが、「自分を否定しないでいられる」こと、つまり自分の価値を認めていることは、自分らしさを発揮して人生を創造的にしていくために大事です。

なぜなら、自分の価値を認めずに否定していると「選択の場面で失敗」しやすくなって、生活上のあらゆる場面で混乱が生じてしまうからです。

幻想的な空間にたつ少女

自分を否定していると、ダメな自分にふさわしい(と思ってしまう)微妙に低めの選択肢を無意識で選んでしまい、一番の選択を素直にとることができません。いい選択肢を省いて、そうでない選択肢をとってしまえば、ものごとは進みません。

この状況から、いざ新たに何かをやろうと意欲をもっても、うまくいくための環境整備ができていませんから、なかなか進まず「停滞」、頑張っても力がのっていかない「空回り」、それ以上にいかない「頭打ち」になりやすいですよね。

自分を認めて否定しないでいられたら「自分に一番いい選択肢」をとっていくことができますから、自分に似合うものを身につけ、使いやすい道具で作業し、質のいい人間関係の中に身を置いていけるというように、うまくいくための環境が整っていくのです。

もちろんこれらの環境だけですべてうまく行くとは限りませんが、少なくとも、自分が停滞や空回りの条件をつくらなくなれば、行動の作用を妨げるものが減りますから、結果のあらわれは変わりますよね。

コメント