ご感想|年間リーディング。

Aさんから年間リーディングのご感想をいただきました。器用で適応力が高い人は、周囲の動きにあわせることが自然に「できてしまう」ことで、そういうつもりはなくても、いつのまにか自分にばかり仕事が集まることになりがちです。

こうしたセンスがあること自体は素晴らしい優位性ですが、受け身でいると周囲の人の雑務を引き受ける一方になるので、合わせて動く形ばかりにならず「自主的にそのセンスをいかす動きをとる」といろいろなことを成していけるでしょう!

キャンドル

この度は、年間のリーディングありがとうございます(^^)

このところ、こんなにブチブチ不満を溜めながら仕事をするなら転職すればいいじゃないか、と自分にツッコミを入れてみたり、けれども何となくで就職先を受けて通るのだろうか、そもそも自分の人生をどうしたいのか考えてから動くべきではないのか、と自問自答したりしていました。

もしかしたら会社勤めが向いていないなら他の選択肢も別にあってもいいじゃない、と思ったり、自分の楽しい方を選んで進んでもいいのでは?と思ったりもして、自分の中の枠組みを外して、自分の人生をどうしたいかについて慣れた職場のままじっくり考えようかなと思っていたところ、この度のリーディングをいただきました。

メッセージの中に自分で考えていたことと同じような内容があり、自分が目指す生き方を一度考えて、そこから逆算していけば取るべき行動も定まってくるのかなと考えています。

私自身の性質として、自分をくるくると変えてその場に適応していける、という部分が、昔からいやでいやで(笑)何でこんなに日和見なんだろう、芯がないなと思いつつ、周囲に合わせなければどう振る舞っていいか分からないし、人から強く叱られたりすると命取られるのではと思うほど反射的に怖くなったりして、結局その場その場に没入して合わせながら自分が何だか分からないまま疲弊してきたところがありました。

しかし、くるくると適応していくというのが自分の本質だということを受け入れて、そんな性質を上手くコントロールする術を身に付けていくべきなのかな、とこの度のメッセージを読みながら思いました。

すぐには理解しきれない内容もありましたが、時々読み返しながら意識することで、漢方のようにじわじわ効いていけばいいなと思っています(^^)

この連休で、ふと2015年の年間リーディングを読み返したのですが、今の自分によく当てはまること、今だから余計に理解できたこともあり、過去のものを見返しても長期的に役立つことがあり面白いなと感じました。

この度も、何ページにも渡る内容を届けていただきありがとうございました(^^)
また今後も、どうぞよろしくお願いいたします。

0

コメント