30代からは、新たな「自分のセールスポイント」を作っていこう。

これは会社の規模にもよるでしょうし、所属する部署によっても変わると思いますが、30代後半以降になると、部下を管理するのがメイン業務となり「直接お客さんに接しない」立場になるケースがでてきます。

個別のお客様や、得意先の意向や都合に左右させられることは減り(そこは部下がやる仕事になるので)、そういう方面のストレスからは抜けられますが、しかし同時に「仕事が動いている現場」から距離がつくられ、

仕事がわからなくなってしまうのでは?という不安がでてくる人もいると思います。これはですね、意識と目線を切り替えるしかないです。

これまで「現場に接して雰囲気をつかんでいること」や「実際の作業にリアルタイムで関わっていること」からの経験値が自分を支えていたなら、これからは別のところで、

新たな「支え」「軸」「売り」となるものを見つけたり、作ったりしていくといいでしょう。

そういう視点で自分を深掘りしたり、広げたりしてみてください。現状に上乗せできるものを見つけていくと、自分自身の容積が大きくなるので安定しますし、安心できますね。

★記事が役立ちましたら「ブログランキング」投票をお願いします!

仕事
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント