洋服の色が、オーラの色にうつっていくこともあります

オーラのようすをとは、基本的には「自分自身のようす」が反映していますが、オーラにはエネルギーを送受信する働きもあるので、自分の外にあるエネルギーにより、自分のオーラが変化することはあります。

自分のオーラに「この色があったらいい」と思う色の洋服を着ると、ほんのわずかではありますが、オーラにその色がとりこまれることはあります。

ただし、全面的にその色のオーラになっていくほどの強い作用ではありませんので、そこは理解しておくのがいいと思います。

雲の中で本を読む少女

たとえば青いオーラがほしいとして、かなり頻繁に青い色の洋服を身につけるなどすれば、ほんの少しだけならオーラに青色があらわれることはあります。でも外からの影響による一時的なものなので、それがずっと定着したり、もともとのオーラより比率が多くなるような、そこまでの影響力ではありません。

それはやはり、洋服という「モノのオーラ」と、生命力あふれる「人のオーラ」との強さの違いですね。もちろん人のオーラのほうがずっと強いです。

自分にあってほしいオーラの色は、自分がそのように変わっていくことであらわしていくようにするほうが影響が持続しますし、根づいていく可能性も大きいのでそちらをおすすめします。青いオーラを得たければ、青いオーラをあらわす性質を自分の中につくりだしていく姿勢をとっていくほうが効果は大きいです。

しかしそれには時間も労力かなりかかるので、手っ取り早く?きっかけをつくる意味での工夫としては、こういうのも「あり」だと思います!

コメント