オーラの色で、提案する「アドバイス」「方法」を選んでいます。

セッションの回数が重なっていくと、だんだんと当初の悩みや迷いが「解決」するか「薄れていく」ようになり、入れ替わるように「成し遂げたい目標」が新たに出てくるケースが多いです。そこでセッションを卒業する方も多いですが、目標に向かっていくための伴走として引き続きのご利用をいただけるケースもあります。

ひとつ前の記事でも書いたとおり、そこからは「現実的な行動の仕方」と「スピリチュアルなエネルギーのしくみ」の両方を取り入れたコンサルテーションになっていきます。

どのように進めていくかは、ご相談者さまの「目標の内容」「そのときの状況」「性質・個性」などを踏まえていくのですが、「オーラの色」から判断をすることもあります。

一例をあげると、過去記事のとおり、緑系オーラの人は新しいことの移行には時間を掛けたほうがよい結果になりやすいので、提案したことがすぐに進まなくても「待ち」の時間を長めにとるようにしています。

青系オーラの人も、真面目で慎重なところは緑系オーラと同じですが、違うところは「合理的な判断がさっとできる」ところです。新しいやり方のほうが「便利だ」とわかると切り替えは早いです。しかし青系オーラの人も行動ができないときがあり、その場合は「待たずに、別の方法を再提案する」ようにしています。なぜなら動けない理由は気持ちの抵抗感ではない「他の何か」なので、待って時間を掛けるより、別の方法に変えれば解決する可能性もあるからです。

赤系オーラの人が行動できないとしたら、「自分の思っている方法でやりたい」気持ちがつよくて、うまくいく方法や合っている方法よりも「自分のやり方を貫きたい」場合が多いですね。そういうときは「ではまず思うとおりやってみてください」としています。そしてその結果から、次の手を考えることにしています。

実際のところは「オーラの色が○○だから××だ」というシンプルなものではなくて、もっと入り組んだいろいろがあり、上記はわかりやすくした例えですが、

こんなふうにそれぞれの特徴にあわせて「目的に向かって行動が積み重なっていく」ように「現実面」と「エネルギーの作用面」からアドバイスをしています。

+27

コメント

  1. KZ より:

    リカコさんのコンサルの仕方は本当に最高です…!(ToT)
    こんなスピリチュアルなのに論理的に、現実に即したアドバイスをくれるなんて…。
    いつもタイミングを逃し、思ったようにセッションを受けられないのですが、ある時すんなり予約が取れる時が来るのだと思っています。
    まだリカコさんのセッションを受けたことがありませんが、近いうちに必ず受けたいと思っています。
    リカコさんに出会わせてくれたGoogleに本当に感謝です(T_T)
    (すみません、記事を読んであまりにセッションを受けたくて感極まりコメントを書かせていただいただけなので、掲載は大丈夫です!)

    • リカコリカコ より:

      KZさま
      ありがとうございます。初回のセッションでは、ごく一般的なご相談への回答に終始してしまうと思うのですが、それ以降で達成したい目標などが出てきた際には、初回とは違う形でのアドバイス等を差し上げることもできるかと思います。そのときはよろしくお願いします☆彡
      検索からご縁をいただき、私からもGoogleさんに感謝いたします