オレンジオーラの、朗らかなコミュニケーション力がいかされる時代

オレンジのオーラの人は、朗らかな印象をあたえる社交性があり、人と人との間をつないだり、とりもったりするコミュニケーション力が高いです。

コロナによる影響も薄れてきつつある、これからの時代、オレンジオーラの人は「自分らしさ」をいかして活躍する場面が増えそうな気がしています。

オレンジの花

ひと昔前なら、オレンジばかりがめだつ人は、誤解されやすさもあった気がします。朗らかな親しみやすさを曲げてとらえて「思慮深さがない」「軽い」と思われてしまうこともあったかもしれないなあと(>_<)。

しかしこの10年ほどで世の中が大きく変わりましたよね。コミュニケーションそのものに価値があり、それができる人が力をもつ時代になっています。思い、感情、情報を人に伝えたり、皆で共有したりする能力はどんな場所でも必要とされます。

前にも書いた気がするけれど、10年前とかはオレンジオーラの人はそこまで多くなかった印象です。若い人だけならそれなりにいましたが、大人にはあまり見られない色だったような…。

少数派というのはいつの時代も認められにくいものですが、最近は暖色系オーラの人もわりと増えていて。そうなると世の中においての「一般的」も変わるので、これからはコミュニケーションがより重視されていくんだろうなと思っています。

★記事が役立ちましたら「ブログランキング」投票をお願いします!
人気ブログランキング
人気ブログランキングでフォロー

オーラ
スポンサーリンク
シェアする
スピリチュアル ティーチング

コメント

  1. 明太子 より:

    オーラの濃淡について質問です。
    同じオレンジ系のオーラでも黄味がかっているオレンジと赤味がかっているオーラではオーラの質が変わってくると思いますが、
    濃い色合いのオーラと薄い色合いのオーラも質が違うのでしょうか?
    自分的には濃いオーラの人はサッパリした人、薄いオーラの人は繊細な人のようなイメージです。

    • リカコ リカコ より:

      明太子さま
      オーラの色により「性質」が変わり、オーラの濃淡では、その色がもつ性質の「あらわれの度合い」が変わります。濃⇒あらわれが「強い」「深い」など。淡⇒あらわれが「弱い」「ひかえめ」など。

      繊細さを「感性の細やかさ」という意味でとらえるなら、オーラの色が何色であろうと繊細な人がいるので、色の濃さというよりは、オーラの質感の細かさ(エネルギーの網目がどのくらい粗いか細かいか)ではかることが出来ます。

      ですが、繊細さという言葉を「弱さ」とか「はかなさ」という意味でとらえるなら、明太子さんがおっしゃっているとおりで、色のあらわれが淡い人が該当すると思います。