新たなことを、一から始める場合に考慮すべきこと。

今回は、起業したい方に向けてのお話です。インターネットの普及などから、お仕事をスタートさせる際に、店舗や事務所を構えなくても、成り立つ分野も増えてきて、以前よりは、独立や起業の敷居は低くなったようにも感じられます。

そのためか、今すぐではなくても、将来的に、起業をしてみたいと考えている方が、かなりたくさんいらっしゃいます。自営は、とても大変なことなので(実感;)、誰にでも勧められるものではありませんが、チャレンジ精神は大切ですし、目的を持つと、毎日が充実してイキイキと輝いて過ごすことができると思います。

実際、起業に向いていると感じる方、ユニークなセンスをお持ちの方もたくさんいらっしゃいますので、やる気がある方は、夢に向かって頑張っていただきたいと思います。

新しいことを一から始めようと思っている方が、見落としやすい注意点を書いておきますので、将来的に起業を視野に入れている方の参考になればと思います。それは、「独立する」のと、「一から始める」ことは、まったく違う、という点です。

すでに会社内で、その職種に携わっており、ノウハウもわかっていて、技術も持っている方が、独立して行う場合は、働く形態が変わるだけで、仕事の内容は同じです。付随する業務は増えますが、他者に提供してお金をいただく部分の内容は、ほぼ同じになりますよね。なので、それ以外の部分、運営上の雑務や、必要があれば広告宣伝方法等について、考える余裕がありますし、実際に、(技術以外の)仕事上必要となる要素を、経験から「知っている」ことになります。

けれど、「一から始める」場合は、ノウハウがありません。独立する場合と比べて何倍も大変で、準備することも検討する要素も無数にあるはずなのですが、実際には、「一から始めようとしている人」のほうが、計画性が薄く・・・、特に「集客」をどうするのか、あまり考えていな方が多いようなのです。

その違いは、「経験の差」なのでしょうか。まったく新しいことを始める場合は、「とにかく、そのことに取り掛かることができれば、成功するに違いない」と、思いこんでしまう方が多いです・・・。

「どうやって、スタートさせるか」という点に気持ちが集中して、現実的なことに、意識が向かないのですね。この点は、気を付けたほうがいいと思います。「スタート地点以降」も、見据えて考えることが大切です。

公的な資格などを必要としない仕事ならば、「始める」ことは、さほど難しくありません。名乗るのは自由ですし、始めるまでに必要なことは、すべて「自分だけ」の問題だからです。

けれど、始めたものを「維持」していくのが、難しいのです。相手の「需要」があっての「供給」であり、それには「時間」と「費用」がかかるという点を、考えなければ、成り立っていきません。

「実際にやってみて(失敗してみて)、やっとわかる」ことがあります。ですから、あまり心配ばかりしていても、それもまた前に進めないのですが・・・、できることならば、前もって意識を改善しておけるところは改善して、物理的に準備できることは準備しておけば、後々、自分が助かりますね。

一から始める場合には、現実的な視点を忘れがちになり、自分の思い描く夢ばかり膨らんでいくものです。その点を踏まえて、地に足をつけて進んでいくとよいでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加