「念力」の強さは、ひたいや眉間のあたりにあらわれる。

念じる力、思う力の強さをそなえている人は、額や、眉間のオーラが、他のところよりも濃いエネルギーとなっていたり、この部分にエネルギーが集まっているようなあらわれとなります。

この部分にエネルギーが集まっている人は、「思う」という行為によって、エネルギーを外に放っていく力が強いですから、

思うことが現実に作用したり、必要なことを引き寄せたり、または、テレパシーとして相手に、思念を伝える力も強いものがありますね。

内的な思念を、外に向かって放つ、伝えるという力が強いです。

額や眉間のオーラが濃い人は、その部分の印象が強くなるためでしょうか、「目力がある」という印象を抱かれることも多いようです。

厳密には、目の力ではないのですが、場所が近いので、目の印象として伝わるものがあるのでしょうね。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。この記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加