守護霊の「総数」は、把握はできない。

「自分の守護霊は、全体で何人くらいいるものか」という質問を、いただくことがときどきあります。ですが、この質問には、明確な答えがありません。

そのセッションの中で、霊能者の霊視スクリーンに何人の姿が見えるか、ということなら答えられますが、それは守護霊の総数ではなくて「そのときに、姿をあらわしているスピリットの数」なので。

守護霊という、たましいの繋がりがあるスピリットは、セッションの際にあらわれない方もふくめて、たくさん存在しています。

その時点で、関わりの深い方、その人が前面に出て導く必要性が高い方が、たくさんの中からの代表のように、前面にでてくるというしくみです。

よく、守護霊のことを「後ろの人」などと表現することがありますが、後ろの人の、「さらに後」にも、たくさんの方が控えていて、この世での学びを見守っていらっしゃるという構図になります。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。この記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加