前世のどこかで、会っているかもしれない。

私たちは、何度も生まれ変わって、この世という場所で、人生という経験を重ねています。

今回の人生より前にも、どこかの国で、いつかの時代を生きている経験のことを「前世」といったり、「過去世」といったりします。

そうしたたましいの経験値を、誰もが備えていますから、今回の人生で「初対面の人」も、前世のどこかで、「関わりをもったことがある相手」「知っている人」という可能性もあります。

親しい関係ではないとしても、すれ違ったくらいの縁だとしても、前世のどこかで会っているかもしれない(お互いに)と考えてみると、なんだか不思議な気分になりますよね。

新しい出会いの機会は、もしかすると、(たましいの観点からとらえると)再会の機会かもしれないのですから。

はじめて会うのに、懐かしいような、親しみを覚える感覚になる相手がいれば、もしかすると、その人とは、前世のどこかで会っているのかもしれません。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。この記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加