オーラは、少し早く映し出される、鏡のようなもの?

オーラのようすとは、その人自身の反映です。

生まれ持っている霊性や気質、その時点での心境や体調という一時的な状態など、いろいろなことがあらわれています。

オーラのようすと、その人自身は繋がっている「同じもの」ですから、「オーラの変化は、その人自身の変化」ということになりますよね。

ですが、私を含めて、オーラ透視による鑑定をしている人の説明は、「オーラが○○になっているので、今後はこうなるでしょう」的な、(繋がっている同じもののはずなのに)、オーラありきのような表現になることが、しばしばあるものではないでしょうか。

それには、以下のような理由があります。

オーラのようすと、その人自身のようすは、同じ事柄が反映しています。

しかし、その「反映が起こる時期」は、同じタイミングになるとは限らず、オーラのほうに、先に変化があらわれる という タイムラグが発生する 場合が結構あります。

そこから逆算して、これからの現実に起こりうる可能性を伝える場合、その人自身のことを語っているのだけれども、そのような表現にならず、

まるで、「オーラばかり強調しているかのような、言い回し」になってしまうことも、でてきてしまうということです。

「オーラとは、その人自身を映し出す、次元が違う鏡」のようなもので、同じものなのだけれども、

鏡に映るタイミングのほうが、現実の事柄の動きよりも、少しだけ先になされることもある、というしくみになっています。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント