子どもの頃の容姿に、前世の名残が(その時期だけ)あらわれる場合がある。

人はみな、たましいの存在で、何度もうまれかわって、たましいを磨くための経験を積み重ねています。そうした過去の経験のことを、「前世」といいます。

前世と今世の自分は、(たましいが同じであるとはいえ)まったく別のものであり、生まれる国も、性別も違うかもしれず、人種が違えば、容姿もまったく違うものとなります。

しかし、ときどき、「子どもの頃の容姿に、ごく短期間のみ、前世の容姿の名残」らしきものが、いくらか被っているように、あらわれる場合があるようです。

子どもの頃の容姿と、今の自分の容姿とが、「まったく別人のように、顔立ちも雰囲気も違っている」というケースは、そうした理由が関連しているかもしれません。

生まれ変わっていく都度、そのときの人生は「個別のもの」です。

たましいは同じとはいえ、生まれる場所も、祖父母や両親も違いますから、外見的に受け継ぐ遺伝的要素も違ってきますよね。

しかし、この世に生まれてきた直後は、そうした、先天的、後天的な、いろいろな要素がそれぞれ際だっているためなのか、

こちらの世界に再びやってきて、時間が浅い時期である「子どもの頃の容姿に、前世のそれがほんの少しだけあらわれて、成長とともに抜けていき、今回の人生における容姿になっていく」ケースもみられます。

微妙な雰囲気のような差なのだけれども、しかし、何かが違っている、というあらわれです。

誰でも、成長とともに容姿は変わっていきますが、そうした一般的な変化とは、ちょっと違う種類の差があるような気がする、という場合、それは前世の一部分を少しの間だけ持ち越していたあらわれなのかもしれません。

これも不思議なことですが、上記のような差は、「本人だけが認識しやすい」ようで、

大人になってから家族に「私は、子どもの頃の容姿が、いまとまったく雰囲気も違ったよね?」聞いてみても、他人には、そうした感覚も認識もないという場合がほとんどとなるようです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加