エネルギーを注ぐ先を、定めていくまでの準備期間。

自分に与えられている、この人生の時間や、備えている力を「いかす」姿勢になるなら、何を目的にして、どのように進んでいくかエネルギーを注ぐ先について意識的になることは大事ですね。

目的が定まっていると、それに向かって、時間を掛け、労力を集めて、自分を進ませていくという、行動の方向づけがしやすくなり、

目的が定まっていないと、思考や行動を特定の方向へ集めることができないので、力が分散してしまいますから。

しかし、目的をみつけなければ!と、焦ったりしなくていいので、力を抜いていきましょう。

目的をみつけなければ!と、「目的探し」になってしまうと、まず決めることありきになって、自分自身や現状に、合っていないものを選んでしまうこともあるからです。

なかなか定まらないときには、そうなる理由があるものです。

今は、じっくり考えることが必要な時期なのかもしれません。

わからないときは、少し時間をとって、多方面から考えたり、情報を集めたり、過去を振り返ったり、人から話を聞いたりと、自分に刺激をあたえていくことも役立ちます。

今の自分がいる立ち位置、自分という基点を把握して、そこから進んでいく先、エネルギーを注ぐ場所を選び、そこまでのルートを検討していくという、地道なプロセスもすべて、経験となって役立ちますから、じっくりと取り組んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました