特定の言葉だけが、際だって聞こえる時。

人との会話の中で、ある言葉だけが「大きい音声で強調」されたかのように印象に残って、後になってふりかると、それが何かのヒントになっていた、という経験をしたことがないでしょうか。

自分に合うものを聞き分けて「受信する」センスが高い方は、しばしばそのような出来事を伴って、自分に必要なメッセージをキャッチする場合があります。

 

まるで言葉が輪郭をもつように際立つ。

自分に必要な言葉が大きく聞こえたり、または、輪郭がはっきりして伝わるような感覚で耳に入ってきたり。

発言に「輪郭」という表現はおかしいのですけれど、上記のような経験をしたことがある方は、「輪郭があるように、際だって」聞こえるという表現に納得できるのではないかと思います。

これらのことは、意識して待っているときにはキャッチできませんね(^^;)。そればかり気にしているときは、その微細な差を感じ取ることは難しいものです。

普通に気にしていないときに、ふと、そうしたことが起こって気付かされるという感じの受信になると思います。

コメント