エネルギーの敏感さについての記事まとめ。

この世のすべてにはエネルギーがあり、物事との関わりとは、エネルギー同士の関わりとなります。エネルギーの動きに敏感な人は、体感が大きかったり、影響されやすかったりという特徴がみられます。

そのことに関連する過去記事を、こちらに一覧としてまとめておきます。

エネルギーに敏感な人は、気が散りやすい。
すべてのものには、「波長」「波動」などとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、生活上のさまざまな動きの中で、お互いのエネルギーをやりとりしています。 この世という場所は、見えないエネルギーの海のようなもので、私たちは、その中で過ごしていることになります。 どのよ...
エネルギーに「敏感であること」をいかせばいい。
エネルギーに敏感な人とは、エネルギーの振動を受けとめるセンサーが発達しているということです。 人と接することも、物事にたずさわることも、それらと自分とのエネルギーの関わりが起こるので、敏感な人は、そのたびに、自分が大きく揺り動かされることになります。 他の人と...
エネルギーに敏感な人の、大変さというものがある。
一般的に、「エネルギーに敏感に反応する人」のイメージとしては、 目に見えないエネルギーを体感して、何かを感じ分けたり、前もって把握することができたりして、得をすることができたり、わかることを楽しめたりする面白さがあるのだろう、という解釈になるのではないでしょうか。 で...
エネルギーに敏感な人は、まずは小さい変化から。
この世にあるものはすべて、それ自体の性質をあらわすエネルギーを有しています。 人には、オーラとよばれるエネルギーがあります。物にも、場所にも、出来事にも固有のエネルギーはあり、それぞれの要素が関わることは、エネルギー同士のやりとりが行われることになります。 エ...
エネルギーに敏感な人は、コンディションが上下しやすい。
エネルギーに敏感である人は、エネルギーの「振動」に反応しやすい性質であるということ、つまり「揺れに弱い」という特徴をもちます。 昨日の記事のとおりで、「人のエネルギーに酔いやすい」傾向があり、 おなじしくみで、「乗り物酔い」も起こりやすいようです。 ...
他人の目線というエネルギーが気になる、敏感な人は。
とても敏感な性質の人は、小さいことを気にして、自分の行動範囲を狭くしてしまうことがあります。 その中には、「人から、やたらと見られている気がする」という不安をもってしまうケースがあります。 しかし、実際に「見られている」としても「そのことに、あまり深い意味はない」とも...
エネルギーに敏感な人が、「人に酔う」ことのしくみ。
エネルギーに敏感な人は、大勢の人がいる環境にいくと「人に酔う」という現象が起こりやすいです。 エネルギーに敏感であるということは、エネルギーがもつ「振動」に敏感ということで、つまりは「揺れに弱い」ということです。 大勢の人がいる環境とは、それぞれの振動を伝える...
過敏なことには、秀でている部分が含まれている。
過敏という言葉の意味とは、「何らかの刺激に対し、過度に敏感であること」です。 スピリチュアルに関心が高い方は、繊細さや鋭さをもった方が多いので、何かしらの過敏さが思い当たることもまた多いでしょう。 そうした反応が起こってしまう「過敏さがでる事柄」というのは、同時に「得...
オーラの質感が繊細な人は、乗り物酔いをしやすい。
オーラの質感が、細かい人と、そうでない人との差は、「キャッチする力の強弱」です。つまりは、影響の受けやすさでもあります。 網目の細かいザルと、粗いザルの、どちらが、より細かいものまで受け止めるか、というイメージで比較をするとわかりやすいです。 子どもの頃は、揺れの...
人との関わりによる消耗を軽減する3つの工夫。
「人と接するとぐったり疲れてしまう」、「大勢が集まっている場所にいくと、エネルギーに自分が揺り動かされるような感覚になる」という敏感なタイプの方がいます。 人との交流とは「オーラを通したエネルギーの交流」でもあるので、人と接して会話等のやりとりを行う場合は、能動的にエネルギ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました