冴えている時期は、頭の近くで「ピリピリ&チリチリ」な気感がある?

スピリチュアルなセンスは、すべての人に備わっていて、自覚があるなしに関わらず、日常のあらゆる場面で、センスを発揮しながら思考をしたり行動をしたりしています。

何気なく選んだことが、そうしたセンスによる勘で判断がなされているケースも、きっとたくさんあるのでしょう。

そういう中で、いつもより「思ったことがよく当たる、勘が冴える時期」というものがあります。

本人の努力によって高まる場合もありますし、霊的な世界からの後押しによってなされることもあり、理由はいろいろですが、「こうなると思ったことが実際に起こる」ことや、「なんとなく選んだものがよい結果になる」ことなどが、短期間に集中するようになります。

そういう時期は「オーラの上のほうが、普段よりも明るく輝いた状態」になっています。

このとき、頭の付近で、静電気のような、磁気のような、ピリピリとかチリチリとかの「気感」が起こるケースが、結構あるようです。

頭の近くは、内的な要素があらわれる場所なので、もとよりオーラがたくさん集まっていて、活力にみちているものですが、

冴えているときは、上のほうのオーラが、明るく輝き、

その部分に、エネルギーが増えているかのような、あらわれになります。

このことが、体感・気感につながりやすいようですね。

体をとりまくオーラのうち、「頭の近く」と「手のひら」は、エネルギーがたくさん集まり、よく使われる部位であるため、エネルギーを感じるセンサーとなりやすい場所です。

エネルギーが増えていることが冴えに繋がり、同時に、センサーの感度を上げることにもなり、ピリピリ、チリチリという気感に繋がるのでしょう。

普通は、自分で自分のエネルギーを感じる、などということは起こりにくいですが、一時的な冴えは、普段との差異があるので、わかりやすいのでしょうね。

ちなみに、このときの気感を(まさか、こうしたエネルギーの作用とは、普通はわからないでしょうから)髪の毛が伸びていることからのうっとおしさ、のように認識してしまい、

髪を切りたくなる人も結構いらっしゃるようですね、伸びていないのに。。。

こうした「ピリピリ、チリチリ現象」は、エネルギーを感じる力が、鋭いとか鈍いとかに関わりなく、発生しやすく、認識もしやすい現象です。

頭の近くのエネルギーセンサーは、誰にとっても、活性化していて一番感じやすい場所だからです。

ぜひ、次の機会の「冴える時期」には、意識してみてください。

意識してみると、「この感覚がそうか」と、わかると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました