バランスがとられた、なめらかなオーラ。

オーラとは、その人自身を映し出す「次元が違うところにあるエネルギーの鏡」のようなもので、オーラのようすから、そのときの状態がわかります。

歪みが少ない、なめらかなオーラのときは、たくさんの要素がうまく調和していて、バランスがとられている状態です。

人は、たくさんの要素を内包している複雑な存在ですから、(その人自身をあらわす)オーラのようすも、とても複雑なものです。

備えている性質同士が、ぶつかり合うような場合もありますし、まったく逆の性質が同時に備わっていることもあります。

そうした要素が、それぞれエネルギーとして動くとなれば、大きな動きがなされていくほど、調和しない部分がでてしまうことはあります。

ですが、自分について知っていく比率が増えていき、自分自身をうまく扱えるようになると、不調和がでやすいところをかわしたり、必要に応じて使い分けるなどして、バランスをとっていくことが上手になります。

そのような状態が、なめらかなオーラというあらわれになります。

自分的にも、とても落ち着いた判断や動きができることが多く、

相手にも、違和感のなさ、整った印象が伝わりやすくなるようです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加