気配りしすぎているなら、度合いを薄めていくのがいい。

いつも他人に気配りをしていて、疲れてしまうので「今後は、一切こういうことをやめよう」「お人好しを卒業しよう」と決めても、たぶん、いきなりは望む状態にならないと思います。

少し時間をかけて、ゆっくりと、やりすぎにならないペースをつくっていくといいでしょう。全部をやめるのは、きっと難しいです。

なぜなら、疲れるほどに気配りをする優しさをもっている人ですから、やめたらやめたで、「でも、あれでよかったのか」「私は冷たい人間ではないか」と、今度は「気配りしない自分が気になってしまう」からです。

多くが、そうした不安感に負けて、元の状態に戻ってしまいます。

行動のしかたには、持って生まれた気質も関係していますから、人のために疲れるほどに気配りする人は「そうしていることが、自分の存在意義を実感できて安心する」という面もあるのです。

いきなり全部をやめてしまったら、労力的な疲弊感は減るとしても、今までえていた実感が得られないとなると、それもまたバランスがとられなくなります。

少しずつ度合いを薄めていくなどして、やりすぎにならないバランスを見つけていくのがいいと思います。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加