運動や行動をしている人のオーラは、好印象を与える。

オーラのようすとは、自分自身のあらわれです。

日常的に、運動をする習慣をもっているとか、体をよく使う仕事であるとか、出歩く機会が多いなどの、「運動」「行動」をたくさんしている人のオーラには、

特有の「躍動感」があらわれて、

関わる相手へ、好印象を与えることが多いようです。

その人自身の動きと、オーラの動きは、連動していますから、

実際の動きのようすは、オーラのようす(エネルギーの振動)へと反映していきます。

一時的な動きは、オーラへのあらわれも一時的ですが、習慣化されている動きは、オーラの中に定着していきます。

そうした動きの躍動感は、一定の動き、安定している振動なので、

関わる相手へ「心地よい安心感のある動き」を与えることになります。

人との関わりは、オーラ同士の関わりでもあります。躍動感のあるオーラと関わる相手は、自分のオーラも動かされて、いきいきしてきたり、やる気がでてきたりします。

相手のオーラに影響されて、動かされる側というのは、一般的には疲弊感もでてくるものですが、

この場合は、安定している振動であるので、相手のリズムを乱したりしない、ちょうどよい作用になります。

むしろ、相手のリズムを少し底上げしたり、みだれているものがあれば整えたりする作用となって、役立つことが多いです。

そうなると、関わる相手の中に、「この人と一緒にいると、調子が整う」とか「力をもらえて、やる気がでてくる」というような、肯定的な印象が作られていくようになります。

動きの習慣は、自分のオーラに安定した動きを与えるとともに、

相手へもよい作用を与えて、相手からの好印象をつくることにも繋がります。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加