整ったオーラは、自分をまもるクッションになる。

オーラのようすには、その人自身が反映しています。

その人自身のコンディションが整っているときは、放つエネルギーに勢いと安定感のある、しっかりとしたオーラになります。

オーラは、その人をとりまくように存在しているエネルギーなので、

整っているときには、とても密度のある「エネルギーのクッション」が、その人を守っているような構図になります。

夕暮れの中にいる子供

オーラが、エネルギーの勢いを調整してくれる。

他人との関わり、物事との関わりは、エネルギー同士のやりとりです。

ときに、自分へ向かってくるエネルギーの勢いが強すぎたり、鋭すぎたりして、ダメージを受けそうなものも含まれるとしても、

オーラというエネルギーのクッションがしっかりとあれば、それの勢いを弱めてくれたり、鋭いものを丸くしてくれたりという、調整がなされることもあるのです。

自分の側へのダメージを軽減することにもなりますし、その場をうまくおさめていく助けになることもあります。

自分から放たれていくエネルギーが力に満ちていて

それにより守られることにもなるというバランスは、とても理想的ですね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント