電話が掛かってくるという、予感とは。

「これから、自分宛に電話がくるのではないかな」と、ふと思ったところ、実際に電話が鳴るとか、「メールが送られてくるだろう」と思った数分後に、メールが着信するというように、

連絡が入ることを、実際の動きよりも少し早くわかる人がいます。

これは、相手からの「思いのエネルギ-」に反応している「予感」です。

相手が「そろそろ、○○さんに電話をしなければ」と思考すると、相手から自分への、思いのエネルギーが放たれて、方向性をもち、自分のところへ届きます。

思うことも、エネルギーを生み出す行いであり、それは時間、空間、距離という物理的な条件にとらわれないものであるのは、ここ数日の過去記事で書いたとおりです。

電話を掛ける「行動」には時間が掛かるけれど、「思い」のエネルギーの動きは一瞬ですから、そちらが先行して届き、

エネルギーの動きを感じるセンスが高い人であれば、そのことが「伝わる」「わかる」ので、「これから電話が掛かってくるのでは」という予感に繋がるのです。

これは、電話がくるという「出来事を予知」しているというよりは、

相手が放つ「思いのエネルギー」に反応している、「テレパシー」的なあらわれなのだと思います。

エネルギーを、体感覚として「感じる」センスが高い人に起こりやすい現象です。

私自身のスピリチュアルなセンスの備わり方としては、「見る」ことが得意だけれども、体感としての「感じる」センスはあまり高くないので、

電話が掛かってくると予感することは、ほぼないです。。。

しかし、メールが届く予感は頻繁にあり、これはおそらく、電話よりは「見る」要素が関連してきますから、そちらのセンスで底上げがなされるからでしょうね。

コメント

  1. M より:

    同じ人とメールを同時に送受信することがよくあります。
    それぞれの時間もぴったり。
    これはお互いの思いが伝わって…ということなるのでしょうか。

    • リカコ より:

      Mさま

      この記事は「届くという予感」についてのことなので、
      同じタイミングになることは、この記事の内容とは別になると思います。

      電話は、今の時代、あまり同じ人と頻繁に連絡しあうことはないので、
      それなのに、タイミングが複数回重なるのは珍しいですが、

      メールを、同じ人としょっちゅう送り合うなら、
      そういうタイミングになるのは、電話よりは確率は高くなるのではないでしょうか。
      自分と相手の立場や生活スタイルが似ていれば、(たとえば仕事の就業時間が似ている会社員同士等)
      お互いの、空いている時間が揃っていれば、同じような時間帯になってしまうということもあるかもしれませんし、

      それが、何かしらのエネルギーの関連があるかどうかは、
      ご自身と相手との状況によると思います。

タイトルとURLをコピーしました