ゆっくりしか進まないときは、力をためておく時期。

ものごとが、自分の期待よりも、ゆっくりしか進まないことがあるものです。

自分の行動も、計画のとおりに、動けないこともあります。

そういうときは、焦らずに

力をためておく時期なのだととらえてきましょう。

焦っても、それにより、物事の進みが変わるわけではないし、

心配しても、進む力が増えるわけではないし、

怒ってイライラしても、自分が疲弊するだけですね。

ならば、力をためておき、ここぞというときに、使っていくほうが効果的ではないでしょうか。

この世には、「時間という変化のしくみ」がありますから、同じ状態がそのまま続くことはありません。

ゆっくりでも動いているなら、「今は、それがベストなペースなのだろう」と受けとめて、しばらくは別のことに意識の先を向けていくのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました