明けない夜はない。

周囲から、明るさが消えて、音が消えて、

この暗闇が、永遠に続くのではないかと思えてしまうことがあっても、

それは一時期だけのことで、

明けない夜はなく、いずれ朝がやってきます。

空を見上げれば、

月明かりがあり、星が光り、

暗闇だからこそ、見えるものがあります。

夜から朝への、自然のグラデーションの時を過ごすと、

普段の私たちは、明るさに慣れすぎているのだなあと気づかされます。

見えているはずのものが視界に入らず、

大事なことを普通と思い、

もっと得たい、もっと欲しいと思っている、

暗さとは、外ではなく、内にあるのだと、

そう気づく頃には、次の朝がやってきて、

外にも内にも、明るい光が満ちていきます。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

言の葉
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました