明るい性格であることと、オーラが明るいことは、別の要素です。

ときどき、セッション中の雑談として質問されることがあるのですが、

「明るい性格であること」「朗らかで陽気な気質であること」と、「オーラの明るさ」は、別の要素になります。

陽気で元気で、いつもあははと笑っているような人は、イメージとしては、オーラも明るい輝きになっている・・・ように思えるかもしれませんが、

オーラの明るさは、性格の快活さを反映したものではないので、そうとは限らず「いろいろ」です。

私は、スポーツを見るのが好きで、特に野球が好きなので、野球の世界でいうなら、

たとえば、いつもネチネチと?選手の文句をいっている(^_^;)ようなイメージの「ノムさん」は、とってもオーラが明るい方です。「野球少年」という雰囲気のオーラですね。

野球少年というのは、いつかご本人がテレビ番組で発言されていたものです。まさしく、そういう表現がピッタリで、本当に野球が好きなんだろうと思わせる明るさをお持ちです。

あと、オレ流などといわれる落合監督も素晴らしいオーラですね。少し青味の紫がばーっと広がるオーラで、たましいが大人である「深さ」をお持ちです。

でも、お二人とも性格が明るい・・・という感じではなさそうですよね、暗いわけではないでしょうけれども。

このことからわかるように(?)、性格の明るさと、オーラの明るさは、それぞれ別の要素になります。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. かぷちん より:

    大変興味深い内容です。
    クスッと笑ってしまいました。(^^)

    リカコさんが野球好きなおかげで、関西人も好きでいて下さるのも有難いです。

    明るいオーラになれるように、日々前向きに今を充実させて、今、必要な出来ることの努力を重ねて行くようにします。

    • リカコ より:

      たとえを出して説明すると、わかりやすいのでしょうね。
      その人のようすをふくめて、イメージがつけやすいので。

      この話題の質問をされるときは、ほぼ毎回ノムさんのオーラで説明をさせていただいております。。。