キラキラとした「ラメ」のような質感を感じさせるオーラ。

オーラは、その人自身の性質などが反映しているエネルギーで、布の「風合い」や「編み目」のような、いろいろな経験値でおりなされる「質感」があります。

布でいえば、麻と絹と綿は、それぞれ手触りも見た目も違っているように、

オーラにあらわれている質感も、その人自身がどのような性質をもっているかによって違いがあらわれます。

ときどき、オーラの質感に「ラメ」がはいったようなキラキラがみられる人がいます。

それは、布にラメがところどころに織り込まれているようすと似ていて、

オーラという輝きの布をベースに、そこへさらに「粒子が大きめの輝き」がちりばめられているようなようすです。

こうしたラメのようなオーラになっている人は、

とてもパワフルな人が多く、何かを「作り出す」「働きかける」「表現して伝える」などの、具体的、物理的な行いが得意であるようです。

エネルギーの質感として、粒子の大きいものは、より具体的で現実的な領域に近い質をもっています。ラメの輝きは、そのあらわれのひとつなのでしょう。

テレビ越しでみて、「すごいラメオーラだな」と思ったことがあって、

それは、腹話術のいっこく堂さんでした。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. rino より:

    手のひらから気の塊がよく出てるのですが、手のひらから化粧品のラメよりも小さな粒子状のキラキラが出てきます。
    色は、金、銀、が主ですが、よくみたらピンクとか色付きなキラキラもあったりします。
    拭きとっても拭きとってもすぐキラキラしてくるんですが、このラメオーラと何か関係あるのでしょうか?

    • リカコ より:

      手のひらからでる、光った粒子のあらわれは「金粉現象」などとよばれるものですね。
      この記事の、オーラの輝きとしてのラメとは、別のこととなりますね。

      私の知る限りでは、金粉現象がでやすい人でラメオーラになっている方のようすを見たことがないですし、
      ラメオーラをしている方から、金粉現象の話題をお聞きしたこともないので、
      この2つには、関連性はないと思われます。