前世が、性質の特徴にあらわれることもある。

人は何度も生まれ変わり、あらゆる状況を経験するという形で、たましいを成長させる学びをしています。

今回より以前の経験のことを「前世」といい、そのときの経験のすべては、グループソウルとよばれるたましいの領域に、刻まれていきます。

生まれ変わるときに、前世の「記憶」を持ち越すことはありませんが、

前世の経験から培われた「気質、性質などの特徴」を、備えて生まれてくることはあります。

この世にうまれた時点で、気質や性質の特徴が既にあらわれている(生まれた時点で、皆がゼロの横並びではない)のは、

たましいの領域から、特徴となる要素を備えてきているからです。

前世で、どのような生活をおくり、どのような出来事を経験したかという、具体的なことを記憶として覚えていることはできなくても、

今世での自分の、気質、性質の中に、たましいの経験値が反映されています。

たとえば、初めての経験なのに、とてもうまくできることや、

特定の状況にだけ、不思議と緊張してしまうことや、

ものごとへの親近感や好感という感覚なども、

前世の経験が関連している、反応のあらわれなのかもしれません。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加